あきらかに相場より安いベッドを通販で買うときの注意点

高い買い物だからこそお得に手に入れたい

ベッドを激安で手に入れたい!

 

ベッドというのは、非常に高価なものです。何十万円もするものも、決して珍しくありません。
そのため、一人暮らしを始めたひとなどは、その高さに驚いてしまうこともあります。さりとて、今更布団の生活には戻れない、どうしたらいいのか――――そう悩むひとも多いのではないでしょうか。
今までは親が用意してくれたベッドに寝ていた、というひとであれば、なおさらこんな悩みを抱く可能性が高いですよね。

 

そんな悩みを解決するために、思い浮かぶのが、「インターネット通販」です。ベッドを激安で手に入れたいというひとにとって、これは欠かすことのできない選択肢になります。

 

ベッドを通販で取り寄せる注意点

 

ただし、ベッドを通販で激安で手に入れるということは、「寝心地を確かめずに買う」ということとイコールです。もちろん、日本のベッド技術というのはどんどん進歩していっていますし、それほど劣悪なものはありません。

 

また、寝続けることによって、はじめは違和感のあったベッドであっても、徐々に慣れてはいきます。加えて、布団などである程度フォローすることは可能です。「激安ならば、ある程度寝心地には妥協できる」というひとも多いのではないでしょうか。

 

しかしもともとの性質が、「枕を変えると眠れない」「寝つきが悪い」というひとの場合、選択は慎重に行い、はずれをひかないようにしなければなりません。

ベッドを通販で買う!そのときの注意事項は?

ベッドを通販で買うのは、高いリスクがあると心得るべき

ベッドを通販で買うのは、ほかの商品を通販で買うよりもリスクが高いと考えるべきです。その理由は何なのでしょうか。

 

まず、ベッドは数日間~1か月ほど寝てみないと、それが自分にあうかどうかがわかりません。
しかし多くの場合、これだけの期間が過ぎてしまうと、まず返品を受け付けてはくれないでしょう。そのため、あわなかった場合がなかなか悲惨です。
ベッドはかなり高い買い物ですからね。

 

まだまだあるベッド通販のデメリットと、かわす方法

 

ベッドは大きいため、寸法などを確認せずに買ってしまうと、部屋に入らない、ということもよくあります。この点にもよく注意しなければなりません。

 

しかしこれらをかわす方法は、いくつかあります。

 

寸法に関しては、事前にサイズを測っておけば大丈夫です。このとき注意したいのは、「部屋の大きさ」だけでなく、「玄関扉の大きさ」「廊下の広さ」も確認する、ということ。
また、組み立てを自分でやれるかどうか、やれないのであれば頼めるかどうかも考えておいてください。

 

「寝心地」にこだわるひとの場合、思い切ってベッドのフレームだけを購入する、というのも一つの解決策ではあります。マットレスは、自分にあうものを別途購入する、という方法をとるのですね。手間はかかるのですが、ベッドは1日の1/3を過ごす場所、選択は慎重に。
"